車を売る時には下取りを買取とどちらが有利か!?

どうしても新しい車が欲しくなる時ってありますよね。

そして新車を購入しようと決断した時には車を買い替える必要が出てきます。

今乗っている車をどこかで買い取ってもらう必要が出て来ますね。

そんな時に普通の人は車を買った所で下取りしてもらうのが通常の方法だと思います。

でも、ちょっと待って下さい。

そうした買った所で下取りしてもらうというのは1社だけの買取価格しか分からないということになりますね。

一社だけの買取価格しか分からないというのはもったいないと思うのですが、どうでしょうか?

やはり高く買い取ってもらうためには、もっと多くの買取業者からの見積もりを取った方が断然有利だと思います。

そして沢山の見積もり額=査定額の中から一番、高い査定額を提示してくれたお店で買い取ってもらうのが断然有利だと私は思います。

車を買った所に遠慮する必要はないと思います。

もし買った所でどうしても買い取ってもらいたければ、その最高の査定額を提示して同様の値段で買い取ってもらうことが出来るのか交渉してみるといいでしょう。

同じ価格で買い取りましょうという返答が得られるかも知れませんからね。

そんな車の買取方法ですが、私はネットの一括査定サイトを利用することをおすすめします。

ネットでは瞬時に複数社からの車の査定額が提示されるようになっているので大変に便利なんです。

又、自分が住んでいる地域名も検索するときに一緒に調べるようにすると良いと思います。

例えば、山梨県の甲府市に住んでいる人であれば、車買取甲府市といった言葉でネットで検索するといいですね。

そして出て来たサイトの中から一括査定サイトを探して登録をすればすぐに甲府市の買取店からの査定額を調べることが簡単に出来ますよ。

 

金沢市の友人の車の買取方法の秘訣

金沢市に知人がいるのですが、大学時代の友人です。

大の車好きで気に入った車があると次々と乗り換えているので私は少々ビックリしています。

この間も金沢市に友人を訪ねて遊びに行ってきたのですが、前に乗っていた車と違っていたので、前の車はどうしたの?と聞いたところ、売りはらって又、新しい今の車に乗り換えたんだと言っていました。

新しい車はホンダのフリードというミニバンでしたが、これでもう10台目なんだと自慢していました。

自慢するような話じゃないなと私は思いましたが、友人にとってみれば自慢したいんだろうなと何も返答はせずに終わりました。

前に乗っていた車は日産のブルーバードでしたが、ミニバンが欲しくなって買ったんだそうです。

でもよくそんなに乗り換えられるなと思ったので聞いてみたところ、友人は又、自慢そうに話してくれました。

それは車を高く買い取ってもらえる、とっておきの方法があるんだそうです。

これは全国、どこの地域でも使える車の買取の秘訣なんだそうですが、ネットの一括査定を利用するんだそうです。

友人は金沢市に住んでいるので車買取金沢市とネットで検索するんだそうです。

そうすると金沢市にある車の買取店から車の査定額の連絡がメールや電話で来るそうです。

その中から一番高額な査定を出してくれた所で買い取ってもらうのが車を高く売る秘訣なんだと自慢していました。

今乗っているホンダのフリードを買い替える時にも車の買取金沢市とネットで検索して買い取ってもらうんだと言っていました。

富山市の親戚がBMWを売りはらってしまった。

富山市に住んでいる親戚のBMWに何度か乗らせてもらったことがあります。

やはり外車ということだけあって、中はとても重厚感があり少し緊張しました。

窓の開け方が一般的なものと違ったし、後部座席にもエアコンがついていたり、小さなところに気を配って作られているなというふうに感じました。

また、運転席ですが、運転する人によってポジションを記憶してくれるしーとメモリースイッチがあるというのを聞きました。

親戚の人が運転席に乗り、何かを押すと自動的にシートがその人の高さに動いていて驚きました。

ウィンカーも静かでしたし、あまり段でゴンとかもありません。

音も静か、走行のがたがたもないし、内装は重厚感があるし、なんだか高級な家にいるようなイメージでした。

ただ一ついうとするならば、椅子が深くて柔らかかったので、腰が悪い人やお年寄りなんかは、座り心地とは関係なくちょっとしんどいのではないかな・・?という感想をもちました。

身体がしずむので、車から出るときはヨイショという感じです。

身体がしずむ分ドアを開けるときに、ドアが重く感じられました。

それだけが気になりましたが、あとはもう居心地が良く、落ち着きのある雰囲気で私もBMWにしたいなと思ってしまいました。

そんなBMWでしたが、売りはらって又、新車のBMWを購入したという連絡がありました。

売り払うなら私が買取りたかったのにと言うと親戚の人は富山市で高く買い取ってもらうことが出来たので残念だが仕方ないということでした。

何でも車買取富山市というネットの一括査定を利用して高く買い取ってもらったそうです。

次に売り払って新しい車に乗るときには是非私に譲って下さいとお願いはしておいたのですが、何年先になるか分からないので気長に待つしかありませんね。

私の叔父さんは若い頃スープラに乗っていたそうです。

以下は私の叔父さんに聞いた話ですが、叔父さんは若い頃にあこがれのスポーツカーに乗りたかったそうです。

私の叔父さんは新潟市に住んでいるのですが若い頃には、世代もあるかと思いますが、若い当時は免許を取ったらスポーツカーに乗りたいと憧れがありました。

叔父さんは高校在学中に免許を取り、卒業をする前に親と一緒に車屋さんに行き、当時のスープラはあまりにもかっこよく見えて即時購入となりました。

とても新車を変える経済的な余裕もなかったので、中古ではありましたが、十分に満足のいくものでした。

何て言うのかライトを付けると普段はフロントのライトが格納されているのですがパカッと上に開くんですよね、あれが素敵で車体もかっこよかったし、毎日走りまくってたそうです。

叔父さんと仲の良かった友人はスカイラインGT-Rをしかも新車で購入してたんだそうで、なんでも全て込みで400万ほどかかったとか・・・。

若い時は怖いものしらずなものですね、なんとかなるんだと思ってしまうんですね。

友人も高校卒業と同時に就職しましたが「俺はまさに車の借金返済の為に稼いでいるようなもんだ」と嘆いていたそうです。

叔父さんもローンを組みましたが大体3年で返済し、もう車は走ればいいやと年とともにそんな気持ちになったんだとか(笑)

それで新潟市の車の買取店で車を売りはらって今では軽自動車に乗っています。

車買取新潟市というサイトで調べて買い取ってもらったそうです。

現在は農業をしているので軽トラックです、それで十分ですと話しています。

もし次に車を買える時が来たら又、軽自動車がほしいそうです。

何でも今の軽はとても広いらしいですね!

例えばHONDAのNBOXに乗せて頂く機会がありましたが、軽とは思えない位の広さでした、そして軽は維持費も乗用車ほど高くないし(買う時は乗用車より高かったりしますが)、次は軽自動車がいいと改めて思います。

転勤を期に車を買い替えた横浜の友人

横浜に住んでいた友人が急遽、山形に転勤になりました。

次の転勤先が降雪地帯であったことから、急遽購入した言わば間に合わせで買った車はスバルのヴィヴィオという車でした。

条件はまず維持費が安いこと。

当時、友人は他に3ナンバー車を保有していたため、これは絶対に必要なことでした。

もちろんそれと同じぐらい大事なことは雪道に強い4WDであること。

ここから導き出した友人の答えは軽の四駆を中古で捜すこと、でした。

友人の車全般の好みからいうと、理想はスポーツカーであって、4WDは最も理想から遠い存在だったそうです。

チェーンを買うか、タイヤをオールシーズンにするかとも迷ったそうですがが、面倒なことは嫌だし、ましてレジャーとは違って雪を理由に遅刻も欠勤もできない。やはり、低コストで維持できる軽の4駆を低コストで買うしかない、となったそうです。

当時、いっぱしのカーマニアを気取っていた友人にとって、所有すべき4WDのイメージは、ラリー等で活躍しているスバルの車でした。

そこで、近くのスバルのディーラーに行き、中古車置き場で見つけたのが、隅で背中を丸めた小さな白いヴィヴィオだったそうです。

長野県で女性オーナーからの引き取ったとのことでした。

大きな問題はなさそうだしと、友人はすぐに購入を決めたそうです。

そして今まで乗っていた3ナンバー車は買い取ってもらったそうです。

かなり高額で買い取ってもらえる所が見つかったと言っていたので、興味があったので聞いてみました。

そうするとこちらのサイトを教えてくれました。⇒車買取横浜市

何でも車の一括査定サイトで横浜市の複数の買取業者からの査定額が簡単に調べられるということでした。

 

 

千葉市の友人が車を買い替えました。

現在、私の友人は千葉市に住んでいるのですが、乗っている車は、とあるコンパクトハッチバックです。

友人がその車種に決めたのも、その前まえに乗っていた車の不便さへの反省から、という意味合いがかなり強かったのです。

というのも、以前に友人が乗っていたのは同じコンパクトでも典型的なセダンタイプで、ラゲッジスペースが大変に狭く、特に買い物で一度に多量の食料品や生活雑貨を買い込んだり、またアウトドアレジャーで多数の嵩張る用具を積み込んだりといった用途には不適としか言わざるを得なかったからです。

それでも買い替えに十分な資金が貯まらないうちは不便なりに色々と工夫し、何とかやりくりしていたものでしたが、それも一度の全損事故で全て無駄となってしまい、すぐさま買い替えの必要性が出てきてしまったのです。

幸いにも友人の身体は無事だったものの、車は廃車にせざるを得ず、その様な不便どころか生活の足まで一気に無くなってしまう事態となり、すぐさま代用車を用意しなければなりませんでした。

千葉市の友人の経済事情は苦しく少々の借金をしてしまったものの、何とか買い替えたのが現在の車ということです。

前の車は車買取千葉市という車の一括査定サイトを利用して買い取ってもらったそうです。

ただ、それまでの反省を活かし走りよりも実用性重視で選んだそうでしたから、ハッチバックで大量の荷物積み込みも楽々な上燃費も格段に良くなり、現在でも十分に満足出来ていると言っています。

車の買取さいたま市で高く売れました。

昔、さいたま市に住んでいる時に今はなきトヨタのスターレットに乗っていたことがありました。

今思い返すと、小振りでかわいい車でしたね。

初心者でも比較的運転しやすかったです。

免許取り立てから乗っていたので、未熟な運転技術により、ずいぶんこの車を危険な目に合わせてしまいました(笑)

印象に残っているのが、夜の高速でのこと。片側3車線だったのですが、一番左側の車線が工事中で、右車線に寄れ、との標識が手前数キロから出ていたのですが、右車線がけっこう交通量があり、初心者の自分は、なかなか入るタイミングがつかめませんでした。

だんだん焦ってくるのですが、右車線の車は途切れず次々来るので、全然入れず。

とうとう、左車線を走行したまま、工事中のところまで来てしまったため、なんと停車するはめに…。

停車するとき、後ろを走っていた大型トラックに思い切りクラクションをならされ(たぶん真ん中の車線で私の後ろを走っていて、私が車線変更するのを待っていたのかも?)、絶体絶命のピンチ。

自分死ぬかも…との思いが脳裏をよぎりました。

しばらく待って、後続車が途切れたところを見計らい、アクセル全開で発車!

なんとか事故ることなく危機を脱することができました…。

アクセルをあんなにベタ踏みしたのは、運転歴10年以上になりますが、後にも先にもこの時だけです。

その後は、ちょいちょい壁にこすりましたが、無事故でスターレットを手放すことができて良かったです。

スターレットは車買取さいたま市という車の査定サイトに登録して買い取ってもらいました。

確か、40万円くらいの高額査定で買い取ってもらえたことを覚えています。

又、一度乗ってみたい車なんですが、今では中古車でも出回っていない車なので残念です。

宇都宮市の車の買取は一括査定サイトで!

学校を卒業し、宇都宮市のある会社に就職して、社会人2年目の時に私は車を新車で購入しましたのでその時のことを回顧します。

まず社会人1年目は父から譲り受けた中古車で過ごしていました。

やはり事故をする可能性が高いからということでしたが結局事故をする事なく乗り続けました。

しかし1年ほど経った頃に急に車のエンジンが調子が悪くなり(信号待ちで急にエンジンが停止したりとか)怖くて次の車を検討する事になりました。

もちろん社会人2年目ですからお金もあるわけでなく中古車を探してました。

しかし、会社の同期(全員大卒)が次々と新車を購入していた為、その流れにつられてしまい「もう新車を買う!」という考えに変わってしまいました。

色々と検討した結果、トヨタの「ハイラックスサーフ」という車に決めました。

何故その車にしたかというと当時スノボが流行っていて「自分もチャレンジしたい!」と思い色々載せれそうだし、格好いいしという余り考えずに決めました。

ただ先に書いた通り社会人2年目でお金が無かったので、ちょっとの貯金と残りは5年ローンを組みました。(250万円位だったかな)

それまで乗っていた父から譲り受けた車は車買取宇都宮市という車の一括査定サイトを利用して業者に買い取ってもらいました。

トヨタの「ハイラックスサーフ」の乗り心地は最高でしたしスノボも何度も行きましたし本当に良い車に出会えたと思います。

ただ、ローンの返済と自動車税、自動車保険に生活を苦しめられたのは今ではいい思い出?です。

結局12年乗りました。今は軽自動車に落ち着いていますがチャンスがあれば大きい車に乗りたいと思うのです。

岐阜県高山市のひらゆの森に行ってきました

先日、高山にあるひらゆの森という温泉施設に一泊で行って来ました。とってもゆっくりできて最高でした。

宿泊の場所として、和室もあるのですが、コテージのようなところもあり、そちらに宿泊したのですが、高山なので、まだ夜は寒かったのですが、床暖があり、とっても快適でした。

また、私たちのように子連れでの温泉旅行となると、人様に迷惑をかけないか心配になるのですが、こちらが、家族風呂があるため、家族単位でお風呂に入れるので、とても良かったです。

私は良く周りの友達(男の子のママ)に、もうそろそろ女湯に入るのは本人も抵抗があるし、周りの目も気になる。かといって一人で男湯に行かせるのはまだ心配・・・でも温泉行きたい〜という方がありますが、そういった方にもぴったりだと思います。

さらに、宿泊をコテージにすれば、あまりに常識的でないほど騒いだりはさすがにNGだとは思いますが、子どもたちがテンション上がってしまって少々騒がしくしても、お隣に迷惑だからやめなさい!と神経を使わずとも大丈夫そうです。(程度にもよりますが)

私は温泉のお湯には詳しくないので、あまりどうこう言えませんが、入浴後体がぽっかぽかで、向かう時は震えながら歩いた寒い廊下を帰って来ても、涼し〜い!と気持ちよく、コテージにつけば床暖で、最高でした。コテージは二階が畳になっていて布団を敷いて寝ましたが、とっても快適でした。

また行きたいと思います。