富山市の親戚がBMWを売りはらってしまった。

富山市に住んでいる親戚のBMWに何度か乗らせてもらったことがあります。

やはり外車ということだけあって、中はとても重厚感があり少し緊張しました。

窓の開け方が一般的なものと違ったし、後部座席にもエアコンがついていたり、小さなところに気を配って作られているなというふうに感じました。

また、運転席ですが、運転する人によってポジションを記憶してくれるしーとメモリースイッチがあるというのを聞きました。

親戚の人が運転席に乗り、何かを押すと自動的にシートがその人の高さに動いていて驚きました。

ウィンカーも静かでしたし、あまり段でゴンとかもありません。

音も静か、走行のがたがたもないし、内装は重厚感があるし、なんだか高級な家にいるようなイメージでした。

ただ一ついうとするならば、椅子が深くて柔らかかったので、腰が悪い人やお年寄りなんかは、座り心地とは関係なくちょっとしんどいのではないかな・・?という感想をもちました。

身体がしずむので、車から出るときはヨイショという感じです。

身体がしずむ分ドアを開けるときに、ドアが重く感じられました。

それだけが気になりましたが、あとはもう居心地が良く、落ち着きのある雰囲気で私もBMWにしたいなと思ってしまいました。

そんなBMWでしたが、売りはらって又、新車のBMWを購入したという連絡がありました。

売り払うなら私が買取りたかったのにと言うと親戚の人は富山市で高く買い取ってもらうことが出来たので残念だが仕方ないということでした。

何でも車買取富山市というネットの一括査定を利用して高く買い取ってもらったそうです。

次に売り払って新しい車に乗るときには是非私に譲って下さいとお願いはしておいたのですが、何年先になるか分からないので気長に待つしかありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です